スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

子は親の鏡

2005.03.04(01:53)
ちょっと古い話で恐縮です。
(下書きしたままになってたー(>_<;)アウチ)


先日、皇太子殿下の誕生日会見で、皇太子が詩を朗読していた。

いい詩だなぁと思って、ニュースの字幕を見ると、スウェーデンの教科書に載っているもので、書いたのは教育学者のドロシー・ロー・ノルトだそうな。

うーん、なんか聞いたことある名前・・・と思ってたら、うちにもその人の本があったはず!!と思って探してると、

「あ、ゴメン。その本今貸してる~~^_^;」

だと。

いいタイミングで貸しますねぇ、奥さん(笑)


子供に怒りがちなもので、カミさんに勧められてだいぶ前に読んだんだけど、結構いいことがいっぱい書いてあったんだよね。

実践できてるかは別だけどさw
努力ちうっすw


朗読されたものとはちょっと訳が違うけど詩はこんな感じ。

『子は親の鏡』

けなされて育つと、子どもは、人をけなすようになる
とげとげした家庭で育つと、子どもは、乱暴になる
不安な気持ちで育てると、子どもも不安になる
「可愛そうな子だ」と言って育てると、子どもは、みじめな気持ちになる
子どもを馬鹿にすると、引込み思案な子になる
親が他人を羨んでばかりいると、子どもも人を羨むようになる
叱り続けてばかりいると、子どもは「自分は悪い子なんだ」と思ってしまう

励ましてあげれば、子どもは、自信を持つようになる
広い心で接すれば、キレる子にはならない
褒めてあげれば、子どもは、明るい子に育つ
愛してあげれば、子どもは、人を愛することを学ぶ
認めてあげれば、子どもは、自分が好きになる
見つめてあげれば、子どもは、頑張り屋になる
守ってあげれば子どもは強い子に育つ
分かち合うことを教えれば、子どもは、思いやりを学ぶ
親が正直であれば、子どもは、正直であることの大切さを知る
子どもに公平であれば、子どもは、正義感のある子に育つ
やさしく、思いやりを持って育てれば、子どもは、やさしい子に育つ
和気あいあいとした家庭で育てば、
子どもは、この世の中はいいところだと思えるようになる

【子どもが育つ魔法の言葉】より引用



あえて、色を変えてみたけど、緑色のような育て方をしてたなぁと改めて反省・・・orz

励ましたり褒めたり・・・って簡単なようで実は難しいんですよ。
どうしても大人の目線で見ちゃうから。

トイレに行くのに電気がついてないだけで怖くて行きたがらないのを見ると、

なにうじうじしてんの!?
電気つければいいでしょ!!


って怒ってしまう訳ですorz

そういう意味では、親ももっと勉強しないといけないです。
ほんと、子育ては難しい・・・(苦笑)

うちの本は1000円以上したんですが、文庫本だと580円らしい。アレマ。
このドロシーさん、他にも色々書いてるのでお子さんのいる方、教育に興味のある方は
↓見てみては?




子どもが育つ魔法の言葉
ドロシー・ロー ノルト レイチャル ハリス Dorothy Law Nolte Rachel Harris



関連商品
子どもが育つ魔法の言葉 for the Heart PHP文庫
子どもに変化を起こす簡単な習慣―豊かで楽しいシンプル子育てのすすめ
しつけの知恵―手遅れにならないための100の必須講座
親がすべきこと・してはいけないこと―子どもの能力を最高に引き出す秘訣
10代の子どもが育つ魔法の言葉
by G-Tools

スポンサーサイト

<<一口餃子姑娘(クーニャン) &酔いどれ祭 | ホームへ | ブログタイトル変えました>>

コメント
●いい言葉ですね●

ほんとに いい言葉ですね。。
言葉って
心に響くと 心の中に
いつまでも残る・・・・

※ミクシーで検索しても
  トキオGさん みつからない。。。
  「らいおん」で登録してます

  みつけてくださ~い
【2005/03/05 14:34】 | らいおん #- | [edit]
●らいおんさん
いい言葉ですよね。
でも、この言葉のオレンジ色の部分がなかなかできていないことにビックリしました。
理想と現実のはざ間でもがいております(苦笑)

mixi、こちらから検索してみますねw
【2005/03/06 02:05】 | トキオG #KPRyFQWg | [edit]
お久しぶりです。

先日はカメラマンとして大活躍だったようで、
おつかれさまでした。

ところで、ドロシー・ロー・ノルトの詩、イイですね。
思わず、コピーしてプリントアウトして家にもって帰りました。
で、さらっと奥さんにも見せて、説明したりして。
ウチは、かなり奥さまが気が強いので、
タマに殺伐としてる時があるんですよ。

そんな時にこの詩を思い出してくれることを祈りつつ・・・
【2005/03/06 08:15】 | natsuaki #- | [edit]
●ありがとうございます●

 mixi ありがとうございます!
 むこうの世界も奥が深そうですね・・
 
【2005/03/06 20:30】 | らいおん #- | [edit]
いつもカキコありがとうございます。
ドロシー・ロー・ノルトの詩いいですねー。
次読む本探していたところなので本買いにいってみます。
参考にしてみます。って子供いなかった(^_^;)
ってか、彼女いなかった。。(爆)
【2005/03/06 22:53】 | クレア #- | [edit]
●natsuakiさん
おー、わざわざプリントアウトまで!
なんか嬉しいですね。
役にたってくれるといいですねーw

●らいおんさん
こちらこそありがとうございました。
mixi は奥が深いというか、はまってしまうと大変です(笑)
(ここ数日まったくブログ巡回できてません・・・^_^;)
気をつけてくださいねw

●クレアさん
こちらこそありがとうございます。
あの詩の言葉って、普段の対人関係にも十分言えることですよね。
是非読んでみてください。
将来の役にたつでしょうしw

クレアさん、イケメンだから、彼女できるっしょ。
がんばれー(^-^)/
【2005/03/07 01:24】 | トキオG #KPRyFQWg | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tokiog.blog3.fc2.com/tb.php/55-00ce9ffe
  • あいやー。【エラくなくても正しく(そして楽しく)生きる。】
    一応、分ネタです・・・(苦笑)
【2005/03/06 13:46】
| ホームへ |
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。